スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四十七歩!志士参上!

こんばんは。

昨日(15日・金)にkingfisherさん主催でおこないました。
埼玉県警訪問!
参加者は6名。このうちわが地元からは2名でした。
主催者側が集合途中「渋滞(妨害)」に遭い、20分遅れで到着でした。
私が帰ろうとする直前でしたから、危なかったです。

埼玉県合同庁舎(?)の5~9階を「間借り」する埼玉県警。
警視庁や神奈川県警をイメージしていた私は、驚きを隠しませんでした。

受付を済ませて、案内されたのは地下1階の「相談室」でした。
神奈川県警のときは「3名まで」という制限をつけられたのですが、
今回は6名全員入室できました。しかし・・・
担当者は今月1日に赴任した方!
11:00被害相談が開始され、
まずはkingfisherさんの概略から始まりました。
その後各自被害状況を述べて、相談員はそれをメモしていきました。
「GANG STALKING」被害や「ハイテク攻撃」被害は事情説明は難しいのです。
また被害も「個人差」があり、相談員は各々の話を耳を傾けて聴いてくれました。
特に「ハイテク攻撃被害」に関しては、
被害者の主観的感覚によるところが大きく、説明の仕方に苦慮するところですが、
患部や攻撃方法などをつぶさに聞いてくれました。


例)私の場合、

( 私 )普通に感じる「頭痛」との違いがはっきりとしたので、わかります。
(相談員)具体的な患部は?それは「照射?」それとも「散布?」
( 私 )「即頭部」に「マイクロ波照射」ですと答えました。


私は午後の仕事があるので、途中で退席をしましたが、
相談員から、後日所轄の警察署へ行くようにとの指示を承りました。

全国各地で被害者が警察や各都道府県警本部へ、
被害相談や被害届けを提出に出向いています。
警察官も被害の状況などの報告は上がっているそうです。


警察も無視黙殺が
できなくなってきています!


帰りに受付表のコピーを頂戴しました。
埼玉県警に訪問して被害相談をした「証拠」としてです。

『GANG STALKING・ハイテク攻撃』被害者達は、
ブログや街宣・会議などを通じて、各地で声を上げ始めました。
貴方のそばで、人知れずこれらの被害に苦しんでいる人がいます。
どうぞその被害者に手を差し伸べてください。


「人間」とは、現存する生物での中では高等ではありますが「不完全」です。

その「不完全な存在」の加害者(組織)が、
同じく「不完全な存在」の被害者(個人)に
危害を加えるのです。
したがって「GANG STALKING」犯罪は
完全犯罪ではありえません。
スポンサーサイト

第四十五歩!遠巻きに・・・

こんばんは。

最近周囲がきな臭く感じます。
私が通る道すがら、よく見かける光景です。

周囲の家々の上の階(2階以上)の
手の込んだチラリズム!
・窓をわざと少しだけ開けている
・カーテンをわざと端だけ開けている


『見張ってますよ』という仄めかしをしでかすのです。
もちろん『マイクロ波照射』によるハイテク攻撃の可能性もあります。

これは『防犯パトロール』の町ぐるみ町づくりが絡んでいるものと感じています。
もちろん、地元住民の生活安全は大事ですし、
私がそれを脅かすことは一切しておりません。

ただ、地元住民と私を隔てているもの・・
これこそが、加害者(組織)が仕掛けた
ガスライティング!
デッチ上げによる風評のばら撒き!

これにほかなりません。

私の猜疑心を煽ごうとする加害者(組織)の手口は、吐き気がします。

「人間」とは、現存する生物での中では高等ではありますが「不完全」です。

その「不完全な存在」の加害者(組織)が、
同じく「不完全な存在」の被害者(個人)に
危害を加えるのです。
したがって「GANG STALKING」犯罪は
完全犯罪ではありえません。

第四十四歩!対峙&退治

こんばんは。

昨日(11日)午後から、
みっちーさんのお誘いで文学学校の公開講座に参加しました。
有名な賞を獲得した作家を招いての講座を約2時間行ったあと、
夕方より近場で懇親会があり、そちらへも参加してきました。

高尚な方や文学に深い知識を保有な方、講師の縁者などが駆けつけていました。
食事もドリンクも美味しくいただきましたし、
普段聴けない話なども拝聴することができ、満足です。

そしてもちろんそこにいました数人・・・。
邪霊大泥棒集団の組織構成員!
これまでは、みっちーさんが1人でやられ放題だったそうですが、
私がいることで脅威に感じたのか、態度が大きく変わったそうです。
視線を合わせない・そっぽを向く・落ち着きがない動作。
明らかにこの構成員は『誤算!』を身体で表現してくれました。

私は蚊取り線香の役目を果たしました^^

被害者が1人でいるときは、多数で取り囲んで強気に出られる構成員ですが、
被害者が複数人数いると、対峙する事ができずにとたんにしぼむのです。


付きまとい・尾行・仄めかしなど・・・
犯罪行為しかできない加害者に言いましょう!


すっとこどっこい!

『GANG STALKING・ハイテク攻撃』被害者達は、
ブログや街宣・会議などを通じて、各地で声を上げ始めました。
貴方のそばで、人知れずこれらの被害に苦しんでいる人がいます。
どうぞその被害者に手を差し伸べてください。


必死に声を上げて周囲に
『認知と撲滅』を呼びかけています!


『隠蔽』の洞窟に、
『真実』の光を射しましょう!

第四十三歩!秋『カゼ』

こんにちは。

毎朝、私の家を通過するときに、決まって『咳き込む』人がいます。
もう、それが習慣になっているほどで、熟達しております。
時々出発時間をずらすなどして巧妙になってきています。

そうなんです。
この『意図した咳き込み』も『アンカリング』の道具ひとつで立派な加害行為です。
加害者(組織)も、手を変えてやってくるようになりました。

いくら『指示が出た』からといって、
いくら『それが今日の仕事』だからって、
いくら『それで金が貰える』からといって、
いくら『そうしなきゃこっちがやられる』からといって、


自分の身体に負担をかけてまですることはないと思うが。
最後に『あの時はしょうがなかったんだ』といってきても、
誰がその声を聞き届けてくれるのか?

被害者としてそんな加担者をみていると、
抱腹絶倒!
笑いをこらえるのにひと苦労ですタイ!
(あっ、九州弁!)

全国の被害者の皆さん、
健康管理に十分に留意して、これからの冷え込みに対処しましょう!

「人間」とは、現存する生物での中では高等ではありますが「不完全」です。

その「不完全な存在」の加害者(組織)が、
同じく「不完全な存在」の被害者(個人)に
危害を加えるのです。
したがって「GANG STALKING」犯罪は
完全犯罪ではありえません。

第四十歩!マイケルジャクソンが『あの世』で泣いてるぞ!

こんにちは。
GANG STALKING
加担者は「大の大人」から「いたいけな子供」まで、
タレント養成所並みのバラエティーに富んだ人材です。

今回は「いたいけな子供たち」について述べます。

私の午後の仕事では、未就学児~下校途中の小中学生に
付きまとい・待ち伏せ・コリジョンなどの被害に遭います。
もちろん彼らは「自発的に加担した」とは考えにくく、
親や学校からの指導(教育)という形で仕込まれるのです。

「こんな幼いうちから」GANG STALKINGに加担するとどうなるのか?
その末路を示す「典型例」を紹介します。

『池田小学校無差別殺人事件』を引き起こした『宅間 守』です。

その一部を引用します。

<宅間守と創価学会>

『宅間守の両親は朝鮮部落出身で創価学会員。
「宅間守」を育てたのは創価学会実行犯
「宅間守」については異常人格者と報道されているが、
幼少期から創価学会の
(招集)集団ストーカーに
参加していた経歴を持っている。


逮捕時には
「日蓮大聖人様の仏法に背く奴は皆こうなるんじゃ!」と叫ぶが、
(この部分は)一切報道はされず

集団ストーカー&組織的いじめ&嫌がらせ』さんからの転載です。

良い子の皆さんには信じられない話かもしれませんが、
皆さんのクラスメートの両親に創価学会(そうかがっかい)という名前を持った、
恐ろしい集団のメンバーがいるようです。

私は創価学会の集団ストーカー
(分かりやすく言えば、大勢の大人が一人のおとなをいじめること。)の被害者ですが、
家の外へ出ると、自転車に乗った中学生くらいの男の子が無意味につきまとってきたり、
自転車でぶつかってきたり、わざとらしい咳払いして、
少年らしくない気味の悪い顔をしている人がいます。

そういうことをして育った人間の一人が『宅間守』です。

子供たちは将来を背負っています。
素直な分、大人たちの「デッチ上げ」を信じ込みやすいのです。
大人の思惑・打算で汚していいものではありません。

『GANG STALKING・ハイテク攻撃』被害者達は、
ブログや街宣・会議などを通じて、各地で声を上げ始めました。
貴方のそばで、人知れずこれらの被害に苦しんでいる人がいます。
どうぞその被害者に手を差し伸べてください。


必死に声を上げて周囲に
『認知と撲滅』を呼びかけています!


『隠蔽』の洞窟に、
『真実』の光を射しましょう!


(おまけ)
今は亡き『マイケルジャクソン』氏は、子供を心から慈しみました。
晩年は『タブロイド紙によるデッチ上げ』で裁判にもなりましたが、
最後まで軸をぶらさずにファンの心の鐘を打ち続けてくれました。

カウンタ
エリアカウンタ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

クラシック!

Author:クラシック!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。