スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四十七歩!志士参上!

こんばんは。

昨日(15日・金)にkingfisherさん主催でおこないました。
埼玉県警訪問!
参加者は6名。このうちわが地元からは2名でした。
主催者側が集合途中「渋滞(妨害)」に遭い、20分遅れで到着でした。
私が帰ろうとする直前でしたから、危なかったです。

埼玉県合同庁舎(?)の5~9階を「間借り」する埼玉県警。
警視庁や神奈川県警をイメージしていた私は、驚きを隠しませんでした。

受付を済ませて、案内されたのは地下1階の「相談室」でした。
神奈川県警のときは「3名まで」という制限をつけられたのですが、
今回は6名全員入室できました。しかし・・・
担当者は今月1日に赴任した方!
11:00被害相談が開始され、
まずはkingfisherさんの概略から始まりました。
その後各自被害状況を述べて、相談員はそれをメモしていきました。
「GANG STALKING」被害や「ハイテク攻撃」被害は事情説明は難しいのです。
また被害も「個人差」があり、相談員は各々の話を耳を傾けて聴いてくれました。
特に「ハイテク攻撃被害」に関しては、
被害者の主観的感覚によるところが大きく、説明の仕方に苦慮するところですが、
患部や攻撃方法などをつぶさに聞いてくれました。


例)私の場合、

( 私 )普通に感じる「頭痛」との違いがはっきりとしたので、わかります。
(相談員)具体的な患部は?それは「照射?」それとも「散布?」
( 私 )「即頭部」に「マイクロ波照射」ですと答えました。


私は午後の仕事があるので、途中で退席をしましたが、
相談員から、後日所轄の警察署へ行くようにとの指示を承りました。

全国各地で被害者が警察や各都道府県警本部へ、
被害相談や被害届けを提出に出向いています。
警察官も被害の状況などの報告は上がっているそうです。


警察も無視黙殺が
できなくなってきています!


帰りに受付表のコピーを頂戴しました。
埼玉県警に訪問して被害相談をした「証拠」としてです。

『GANG STALKING・ハイテク攻撃』被害者達は、
ブログや街宣・会議などを通じて、各地で声を上げ始めました。
貴方のそばで、人知れずこれらの被害に苦しんでいる人がいます。
どうぞその被害者に手を差し伸べてください。


「人間」とは、現存する生物での中では高等ではありますが「不完全」です。

その「不完全な存在」の加害者(組織)が、
同じく「不完全な存在」の被害者(個人)に
危害を加えるのです。
したがって「GANG STALKING」犯罪は
完全犯罪ではありえません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カウンタ
エリアカウンタ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

クラシック!

Author:クラシック!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。